【レポート】星出宇宙飛行士の追加船外活動(EVA)について  #nvslive

8月30日に星出、サニータ両宇宙飛行士の船外活動(EVA)行われた際に
電力切替装置(MBSU)の交換が、ボルト固定がうまくいかず完了できなかった
問題がありましたが、問題解決の方針が決まりました。

追加EVAが、9月5日20時15分(日本時間)開始予定となっています。
作業時間は約6時間半を予定しています。

NASATVでは19時00分より中継が行われます。(NVSでは中継を行いません・・・)
ご視聴はこちら 
  NASATV → http://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html
星出さん達がどのように作業しているのかが、よく分かりますのでライブ中継視聴おすすめです。
今回の時間帯は日本では19時という視聴に適した時間帯に行われます。 是非ごらんください。

■短期間で追加のEVAとなった理由
もちろん、国際宇宙ステーションの電力安定の為に電力切替装置(MBSU)の早期交換を
行いたいと言う理由が最大となりますが、EVAを行うチーム体制も関係しているようです。

MBSUは100kg以上あり、無重量といえど慣性が大きいです。
重いユニットを安全に交換するためには、ロボットアームに宇宙飛行士が乗って
ロボットアームを固定の足場として利用しながら、移動、機材交換を行います。

このロボットアーム操作の訓練認定を受けているジョセフ・アカバ飛行士が
9月中旬にソユーズで帰還してしまいます。
そのため、MBSU交換のための訓練を受けているチームがいるうちに対応するのが
適切であるという認識のようです。
予備品移動中の星出さん
予備のMBSUを持ってロボットアームで移動中の星出宇宙飛行士(画像:NASATVより)


船外活動は実際に外に出る宇宙飛行士の他にも、ISS船内からのサポート、そして
地上のコントロールセンターとの協調によりなされています。
今回、ボルトが締まらず船外活動が終了になった直後から、地上ではトラブル解決のための
チームが結成され、問題の解消に向けて検証が進められていました。

ボルトの取り付けに関する検証 画像:NASAより


MBSU設置の検証 画像:NASAより

ボルト固定の新しい対策や、設置場所とMBSUとの、より適した位置合わせなどの検証が
なされたようです。
この迅速な検証により、短時間で追加EVAが可能になったとも言えます。
5日のEVAの際には、カメラによるナット部分の点検作業やボルトとナット部分の掃除・潤滑作業も計画されています。

無事、MBSUが交換できた後のEVA作業ですが
・ ISS のロボットアーム・ステーション共通カメラ/照明装置(CLPA)の交換
・ 与圧結合アダプタ2(PMA2)へのカバー取付
・ 移動型基部システム(MBS)マストカメラの取り外し
・ ザーリャ(基本機能モジュール)電力・通信インタフェース付
  グラプル・フィクスチャ(PDGF)トラブルシュート
が予定されています。

■今後の実験予定など
9月7日に予定されていた、こうのとり3号機(HTV-3)のISS離脱は、追加EVAのために
延期されることになりました。現段階では16日の週に可能かどうかをNASAとJAXAの間で調整しているようです。

また、小型衛星をきぼうの船外実験プラットフォームから放出する実験も9月上旬に予定されていましたが、こちらもスケジュール見直しとなっています。

参考情報
NASA Spacewalk Set For 7:15 a.m. EDT Wednesday
 http://www.nasa.gov/mission_pages/station/living/index.html

NASA ISS On-Orbit Status 09/02/12
 http://www.nasa.gov/directorates/heo/reports/iss_reports/2012/09022012.html

JAXA 星出宇宙飛行士、9月5日の船外活動に向けた準備を実施中
 http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/hoshide/news/120903.html


(NVS関東  きみ@Lica )



星出宇宙飛行士の船外活動と 電力切替装置(MBSU)の状況 

 日本時間の8月30日(木)21:16から31日(金)5:33まで
星出宇宙飛行士がサニータウィリアムズ宇宙飛行士と共に船外活動(EVA)を行いました。
日本人宇宙飛行士としては、7年ぶり3人目の船外活動となりました。

今回の船外活動の実施内容と進行状況は
・電力切り替え装置(Main Bus Swiching Unit: MBSU)の交換  (途中まで)
・ロボットアームのカメラ・照明装置交換             (未着手)
・ロシア多目的研究モジュールの電源ケーブル敷設        (2本中1本)
・与圧結合アタプタのカバーがけなど               (未着手)
となりました。

■今回、殆どの時間を費やした電力切り替え装置(Main Bus Swiching Unit: MBSU)の交換について

MBSUとはISSの電源切り替えを行っている装置となり、電力管理をする上で重要な機器となっています。
合計4つ設置されていますが、そのうち1つの通信が不安定なため予備品と交換されます。
MBSU
MBSU  画像提供:JAXA

交換は、不調となっているMBSUを、ピストル型パワー・ツール(PGT)
(宇宙用の電動トルクレンチ・ドライバのようなもの)で取り外すのですが、
その際、所定のトルクではボルトが回らず、取り外すこと出来なかったため
トルク設定をあげて、ようやく取り外すことができました。
PGT
PGTとMBSU(画像:NASATVより)

PGTMBSU
MBSU取り外し中の模様(画像:NASATVより)

予備品移動中の星出さん
予備品のMBSU運搬中の星出宇宙飛行士 (画像:NASATVより)


次は、予備品のMBSUを保管場所から持ってきて、取り付けようとしたのですが
またしても、ボルトが途中までしか回らず、固定できない状態となりました。
何度も回転トルクを調整し、ボルトが締まるかの試行を行いましたが
許容されている最大のトルクでも締めることができなかったため
MBSUは途中まで締めたボルトと共に、紐状のテザーで仮止めされた状態にし、船外活動を終了しています。
テザー固定
画像提供:JAXA

交換したMBSUは、完全にはISSと接続されていないため、未稼働の状態となります。
そのため4台あるMBSUのうち、現在3台稼働となりますが、今のところISSの給電は安定しています。
しかし、冗長としては好ましくない状態ですので、NASAは早期取り付けを実施できるかどうかの検討を進めています。
固定方法の方針が固まり次第、追加の船外活動が行われる見通しであり、優先度も高いようです。

今回の船外活動は、当初予定されていた6時間30分を約2時間延長し、8時間17分となりました。
これは1回の船外活動の時間としては歴代3位の長さとなりました。
サニータ宇宙飛行士は船外活動5回目のベテランですが、船外活動ルーキーとなる星出宇宙飛行士に、コントールセンターからは特に労いの言葉がかけられていました。

9月にはこうのとり3号機のISS離脱、小型衛星放出機構を利用しての衛星放出などの
ミッションがありますが、船外活動が追加されることにより、実施時期変更もあるかもしれません。

今回の、船外活動の模様はNASATVのアーカイブで視聴が可能です。
http://www.ustream.tv/recorded/25059667
http://www.ustream.tv/recorded/25061371
http://www.ustream.tv/recorded/25063498
http://www.ustream.tv/recorded/25065436
http://www.ustream.tv/recorded/25067478
http://www.ustream.tv/recorded/25069578 実施後会見

(NVS関東  きみ@Lica )

【放送予定】8/27 14:00〜 宇宙ステーション補給機「こうのとり」3 号機 及び 星出宇宙飛行士による船外活動についてのブリーフィング

8月27日 (月) 14:00〜15:00
主会場:JAXA 東京事務所
TV 会議接続:JAXA 筑波宇宙センター

本放送はTV会議接続の筑波宇宙センターよりお送りします

(1)14:00〜14:40 「こうのとり」3 号機(HTV3)ブリーフィング
 最新の「こうのとり」3号機の運用状況、および、今後の予定について
  HTV プロジェクトチーム サブマネージャ 佐々木 宏

(2)14:40〜15:00 「星出宇宙飛行士が取り組む船外活動について」
 日本人宇宙飛行士として船外活動を行うのは3 人目となる星出宇宙飛行士。
 サニータ・ウィリアムズ飛行士(NASA)と共に取り組む船外活動(US EVA18)についての概要と
 星出宇宙飛行士の作業予定等をご紹介します。

  国際宇宙ステーションプログラムマネージャ 三宅 正純


USTREAMで視聴する

ニコニコ生放送で視聴する

【放送予定】8月20日 第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)に関する記者説明会

 平成24年5月18日に種子島宇宙センターから打ち上げた
第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)は
計画どおり初期機能確認を終了し、定常観測運用に移行しました。
この初期機能確認の進捗、ならびに「しずく」の運用状況および
今後行われる観測データの初期校正検証についての説明会の模様をライブ中継します。
 
日 時 : 平成24 年8 月20 日(月) 13 時30 分〜

説明者および説明内容
・水循環変動観測衛星(GCOM−W1)「しずく」の初期機能確認結果について
 GCOMプロジェクトチーム プロジェクトマネージャ 中川 敬三

・今後の初期校正検証計画について
 地球観測研究センター 研究領域リーダ 今岡 啓治

・2012年の北極海氷の減少状況について
 地球観測研究センター GCOM 利用研究グループ 堀 雅裕


※本放送はJAXAの許可を得て放送しています。
※本説明会に関係の無い政治的発言はご遠慮ください。
※登壇者、質問者個人を侮辱する発言はご遠慮ください。

 
USTREAMで視聴するhttp://www.ustream.tv/recorded/24840426

 



【放送予定】8月5日 会見 7日打上げ 観測ロケットS-310-41号機打上げ中継 #nvslive

※天候の関係で打上げ日が6日→7日予定となりました。
観測ロケットS-310-41号機の打上げの模様を内之浦宇宙空間観測所より
独自ソースで中継する予定です。

S-310-40
画像:NVS撮影のS-310-40号機

目的は「小型インフレータブルカプセルの飛行実験」です。

宇宙空間から大気へ再突入をする際は、猛烈な熱となり機体を保護する必要があります。
従来の突入機はセラミックや樹脂製のヒートシールドなどで保護をしていますが
今回は「柔軟エアロシェル」での再突入実験をおこないます。
特徴するべきメリットは、軽くて、小さく収納できる点です。

予定日 : 平成24年8月7日(火)
打上時刻 : 16時30分〜17時00分の間 

※実験に適した状態になっていないと判断された場合は打上げがおこなわれません。
※天候、通信環境、その他状況により延期や中止、中継の不成立になる場合もございます。
※モバイルで配信となりますが、特に携帯電波状況の変動が大きい場所ですので、不成立の場合はご了承ください。
実験に関して詳しくは、「2012年度第1次観測ロケット実験の実施について 」を参照ください。
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2012/0601_s-310-41.shtml

■5日14:30〜 打上げ前の記者説明


■7日16:00〜 観測ロケットS-310-41号機打上げ

■7日18:30〜 観測ロケットS-310-41号機打上げ後記者会見




サイト内検索

最新記事

カテゴリ

NVSの取材記・DVD・BDです!通販有ります

COMIC ZINさんで委託中!
店舗と通販で入手可です。
COMIC ZIN


小惑星探査機「はやぶさ2」取材記録集

M-V・観測ロケット映像集
LE-7A燃焼試験


イプシロンロケット取材記
イプシロンロケット映像集

Twitter

「だいち」の目でみる世界遺産

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

リンク

アーカイブ

コメント

  • 【放送予定】8/25 3:30~4:20 こうのとり(HTV5)国際宇宙ステーション(ISS)結合後 記者会見
    家猫
  • 【放送予定】8/25 3:30~4:20 こうのとり(HTV5)国際宇宙ステーション(ISS)結合後 記者会見
    宇宙クラスタの一員
  • 【レポート】こうのとり3号機 ISS分離・再突入とi-Ball再突入撮影の挑戦 #nvslive
    nvs

プロフィール

書いた記事数:532 最後に更新した日:2018/10/22

others

mobile

qrcode