【放送予定】8月20日 第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)に関する記者説明会

 平成24年5月18日に種子島宇宙センターから打ち上げた
第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)は
計画どおり初期機能確認を終了し、定常観測運用に移行しました。
この初期機能確認の進捗、ならびに「しずく」の運用状況および
今後行われる観測データの初期校正検証についての説明会の模様をライブ中継します。
 
日 時 : 平成24 年8 月20 日(月) 13 時30 分〜

説明者および説明内容
・水循環変動観測衛星(GCOM−W1)「しずく」の初期機能確認結果について
 GCOMプロジェクトチーム プロジェクトマネージャ 中川 敬三

・今後の初期校正検証計画について
 地球観測研究センター 研究領域リーダ 今岡 啓治

・2012年の北極海氷の減少状況について
 地球観測研究センター GCOM 利用研究グループ 堀 雅裕


※本放送はJAXAの許可を得て放送しています。
※本説明会に関係の無い政治的発言はご遠慮ください。
※登壇者、質問者個人を侮辱する発言はご遠慮ください。

 
USTREAMで視聴するhttp://www.ustream.tv/recorded/24840426

 



【放送予定】8月5日 会見 7日打上げ 観測ロケットS-310-41号機打上げ中継 #nvslive

※天候の関係で打上げ日が6日→7日予定となりました。
観測ロケットS-310-41号機の打上げの模様を内之浦宇宙空間観測所より
独自ソースで中継する予定です。

S-310-40
画像:NVS撮影のS-310-40号機

目的は「小型インフレータブルカプセルの飛行実験」です。

宇宙空間から大気へ再突入をする際は、猛烈な熱となり機体を保護する必要があります。
従来の突入機はセラミックや樹脂製のヒートシールドなどで保護をしていますが
今回は「柔軟エアロシェル」での再突入実験をおこないます。
特徴するべきメリットは、軽くて、小さく収納できる点です。

予定日 : 平成24年8月7日(火)
打上時刻 : 16時30分〜17時00分の間 

※実験に適した状態になっていないと判断された場合は打上げがおこなわれません。
※天候、通信環境、その他状況により延期や中止、中継の不成立になる場合もございます。
※モバイルで配信となりますが、特に携帯電波状況の変動が大きい場所ですので、不成立の場合はご了承ください。
実験に関して詳しくは、「2012年度第1次観測ロケット実験の実施について 」を参照ください。
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2012/0601_s-310-41.shtml

■5日14:30〜 打上げ前の記者説明


■7日16:00〜 観測ロケットS-310-41号機打上げ

■7日18:30〜 観測ロケットS-310-41号機打上げ後記者会見



【放送予定】8月3日15:00〜プレゼン 4日8:30〜打上げ 缶サット甲子園 全国大会

缶サット甲子園とは、高校生が自作した空き缶サイズの模擬人工衛星と
キャリア(缶サット搭載機構)を モデルロケットで打ち上げ、
放出・降下・着地の過程を通じて、技術力・創造力を競う競技会です。

打ち上げ後プレゼンの放送については調整中です

日 程:8月3日・4日・5日
会 場:コスモパーク加太
参加校: 

・北海道大会選抜
 琴似工業高校

・関東地方大会選抜
 慶應義塾高等学校
 東京工業大学附属科学技術高等学校
 法政大学第二高等学校

・和歌山地方大会選抜
 岐阜県立恵那高等学校
 岐阜県立岐阜総合学園高等学校
 和歌山県立桐蔭高等学校
 和歌山県立日高高等学校

・九州地方大会選抜
 佐賀県立唐津東高等学校
 福岡県立小倉高等学校

公式サイト
http://www.space-koshien.com/cansat/

※この放送は主催者の許可を得て放送しています。
※モバイル回線ので放送の為、放送が中断、中止される事があります。

プレゼンは持ち時間7分、質疑3分で15:00〜17:00の予定です

打ち上げは9:30〜12:30の予定です 
 

プレゼンは持ち時間7分、質疑3分で8:30〜12:30の予定です

結果

優勝
 和歌山県立日高高等学校

準優勝
 法政大学第二高等学校

技術賞
 岐阜県立岐阜総合学園高等学校

ベストプレテーション賞
 岐阜県立岐阜総合学園高等学校

アウトリーチ賞
 1)琴似工業高校
 2)法政大学第二高等学校
 3)東京工業大学附属科学技術高等学校

【放送予定】7月27日17:00〜会見 28日06:00〜打上げ CAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケットおよびSNS社開発小型液体ロケット打上げ中継

北海道の大樹町にて
CAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケットおよびSNS社開発小型液体 ロケット
到達高度8〜10 kmを目指した打上げ実験が行われます。

その模様を中継する予定です。

実験日時:平成24年7月28日(土) 7:00〜8:25 10:55〜12:40の予定
実験実施場所: 北海道十勝管内大樹町
詳細: http://www.hastic.jp/news/20120712.pdf

試験実施体制
管理運用: NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)
打上管理責任者:伊藤献一(HASTIC)
打上管理副責任者:大滝誠一(HASTIC)
打上保安責任者:永田晴紀(北海道大学)
打上保安副責任者:安中俊彦(植松電機)
打上げ委託先: (株)カムイスペースワークス(CSW)および北海道大学
打上げ実施責任者: 植松努(CSW代表取締役)、永田晴紀(北海道大学教授)
打上げ現地支援: 大樹町役場
敬称略
カムイロケットとは? http://www.hastic.jp/camui/default.htm
SNS株式会社 http://www.snskk.com/

※この放送は、打上管理者の許諾の下放送しております。
※この放送のコメントはHASTICに提出されます。
※実験と関係のないコメント、公序良俗に反するコメントはお控えください。
※コメントを制限する意図はありませんので実験に関するコメントはお気軽に投稿ください
※携帯回線を使用した放送の為、放送が止まったり、画質が低下する場合があります。ご了承ください。


■7月27日 17:00から 打上げ前記者説明会(予定。調整中)


■7月28日 06:00から 打上げ時間帯1


■7月28日 10:00から 打上げ時間帯2



今回は ニコニコ生放送の緊急メンテナンスのため
USTREAM、ニコニコ生放送を適宜切り替えて放送いたします。
配信状況につきましては、NVSツイッター@nvsliveでご確認ください。


【放送予定】7月28日5:10〜こうのとり3号機HTV3のISS結合後記者会見

 7月21日(土)11時06分18秒に打ち上げられた「こうのとり3号機」の
ISS国際宇宙ステーション結合後の記者会見を筑波宇宙センターよりライブ中継致します。

記者会見は、結合完了30分後の5:10〜を目安としておりますので、
ISSへの結合作業の進捗により時間が前後する事があります

出席者(敬称略):小鑓プロジェクトマネージャー、内山フライトディレクタ

※この放送はJAXAの許可を得て放送しています
※モバイル回線を使用した放送ですので、画質が低下したり、放送が中断、または中止となる場合があります

の放送を予定しておりますので記者会見が6時以降にずれ込む場合は
ニコニコの生放送は下記の放送へ移動となります。
USTREAMもhttp://www.ustream.tv/channel/nvs-live2での放送となります。

 




サイト内検索

最新記事

カテゴリ

NVSの取材記・DVD・BDです!通販有ります

COMIC ZINさんで委託中!
店舗と通販で入手可です。
COMIC ZIN


小惑星探査機「はやぶさ2」取材記録集

M-V・観測ロケット映像集
LE-7A燃焼試験


イプシロンロケット取材記
イプシロンロケット映像集

Twitter

「だいち」の目でみる世界遺産

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

リンク

アーカイブ

コメント

  • 【放送予定】8/25 3:30~4:20 こうのとり(HTV5)国際宇宙ステーション(ISS)結合後 記者会見
    家猫
  • 【放送予定】8/25 3:30~4:20 こうのとり(HTV5)国際宇宙ステーション(ISS)結合後 記者会見
    宇宙クラスタの一員
  • 【レポート】こうのとり3号機 ISS分離・再突入とi-Ball再突入撮影の挑戦 #nvslive
    nvs

プロフィール

書いた記事数:484 最後に更新した日:2017/12/12

others

mobile

qrcode